B型肝給付金の内容

ホーム >  B型肝炎と給付金について >  B型肝給付金の内容

B型肝給付金の内容

訴訟により国との和解が成立した方に対して、病状に応じて予め定められた以下の給付金等が支払われます。

  • 死亡・肝がん
    ・肝硬変(重度)

    給付額

    3,600万円
    (発症後20年未満)

  • 肝硬変(軽度)

    給付額

    2,500万円
    (発症後20年未満)

  • 慢性肝炎

    給付額

    1,250万円
    (発症後20年未満)

  • 死亡・肝がん
    ・肝硬変(重度)

    給付額

    900万円
    (発症後20年以上経過)

  • 肝硬変(軽度)

    給付額

    600万円
    (発症後20年以上経過・治療を受けた方)

  • 慢性肝炎

    給付額

    300万円
    (発症後20年以上経過・治療を受けた方)

  • 無症候性キャリア

    給付額

    600万円
    (発症後20年未満)

  • 肝硬変(軽度)

    給付額

    300万円
    (発症後20年以上経過・治療を受けてない方)

  • 慢性肝炎

    給付額

    150万円
    (発症後20年以上経過・治療を受けてない方)

  • 無症候性キャリア

    給付額

    50万円
    +定期検査費など
    (感染後20年以上経過)

  • 弁護士費用

    弁護士費用の一部として給付金額の4%

メニュー このページのトップへ