B型肝炎給付金請求訴訟

大阪府 H.Sさん

Q.私は、具合が悪くなって病院に行ったとき、B型の肝硬変と言われてしまいました。

その後、肝癌も三回発症し場所が悪かったのでカテーテルで治療するしかありませんでした。

母親に血液検査をしてもらうよう、言われたのですが、万一母親がB型肝炎だったら、どうなるのでしょうか?

母子感染だとしたら、不利になりますか?

 

A.母子感染だからといって必ずしも不利になるわけではありませんが、さらにお母さんが母子感染ではないということを証明しなければならなくなります。

お母さんのお母さん(祖母)がB型肝炎でないという立証ができれば、お母さんが給付金をもらえ、母子感染をしたあなたも給付金をもらえる可能性があることになります。

まず、お母さんにHBs抗原とHBc抗体の検査をしてもらいましょう。

その検査結果を見てから対応策を考えればいいのです。

なお、お母さんの生年月日が昭和16年7月2日~昭和63年1月27日であることが条件になります。

三重県 Uさん

母が血液検査に行ってくれたのですがHBc抗体が(+)と出てしまって、母子感染でないことが立証できませんでした。

母は昭和13年生まれで予防接種で救済される昭和16年7月2日より前に生まれているため「万事休すか」、と落胆していましたが、「北村弁護士に聞いてみるといいよ」と知人から聞いたので、聞いてみました。

北村弁護士のアドバイスによって、HBc抗体の検査方法を変えたところ、なんと母はHBc抗体が(-)という結果が出たのです。

これで私もB型肝炎訴訟に加わることができます。

私はすでに肝硬変になっていて苦しんでいるのです。

岐阜県 A.Iさん

母は平成8年に亡くなっており、入院をしていなかったので血液検査結果を探しても見つかりませんでした。

私は長女で一番上のため、兄や姉がいません。母のHBs抗原(-)の血液検査結果が見つからない限り、母子感染ではないことを証明できずB型肝炎訴訟を諦めかけていました。

でも、念のため北村弁護士の門を叩いたのです。

北村弁護士は、お母さんが良く通っていたかかりつけ医がいないかを聞いてきました。実はかかりつけ医はあり、母だけでなく父も私も弟も長い間その医師に見てもらっていました。そのかかりつけ医の存在によって、私の母がB型肝炎ではないという立証につなげることができました。

本当にありがたかったです。

愛知県A.Wさん

 

私は提訴してもらってからもう1年が経ちます。

まだですか?と北村弁護士に何度か問い合わせをしています。

すると、北村弁護士は今年の3月に国の代理人から謝罪してきました。

「原告さんたちの医療記録などの証拠はすべて霞ヶ関の厚生労働省に送り、そこで30人体制で用件に当てはまるかチェックをしているのですが、訴訟を起こす人が増えて、以前は半年ぐらいでチェックできていたものが、1年経ってもチェックもできていないません。遅れていて申し訳ありません。」

そんなわけで、本当に遅れているのです。

皆さんから、問い合わせの電話やはがきが来て北村弁護士も大弱りという状態だ、ということです。

ともかく「待つ」、しかありません。

厚労省よ不倫している暇があるなら、もっと人員をふやしてくれ…!

気をつけましょう!―B型肝炎訴訟において「20年」経つということ―

~弁護士 北村明美のB型肝炎ブログ~

 

(愛知県S.Iさんより)

先日の、20年以上経ってしまっていたというブログを見ました。

 

私も、もうじき20年です。

すぐやりますので、教えて下さい。

 

 

 

 

 

20年経つと、金額がガクっと下がりますので、皆さん、気をつけましょう!

 

 

 

 

B型肝炎給付金・B型肝炎訴訟―相談料無料

 

(1)B型肝炎の方でS16年7月2日~S63年1月27日生まれの方
(2)既に亡くなっている方が、B型肝炎だった場合。
(3)母子感染の方で、祖母(祖母死亡の場合、祖母の兄姉)がB型肝炎でない場合

 

 

ぜひB型肝炎訴訟に強い北村明美弁護士にご相談ください。

 

 

予防接種でB型肝炎になった方に対して、国は謝罪し、
最大3600万円のB型肝炎給付金を支払ってくれます。

肝がん・肝硬変重度3600万円、肝硬変軽度2500万円、B型慢性肝炎1250万円、キャリア50万円など

 

 

 弁護士北村明美は、他の法律事務所で断られた方も、B型肝炎訴訟で和解をして給付金がもらえるようにしました。(詳しくはコチラから)

B型肝炎訴訟・B型肝炎給付金の相談料は無料です。

B型肝炎訴訟・B型肝炎給付金の着手金も無料です。

弁護士報酬は、通常の事案は、6%です。(弁護士費用として、4%は国から払われるので、実質2%になります。)

*困難事案は、別途相談させて下さい。

*実費は別途必要となります。

◆母親が亡くなっていても、諦めないで、ぜひB型肝炎訴訟に強い弁護士に相談してください。

◆長男・長女であっても、諦める前に、ぜひB型肝炎訴訟に強い弁護士に相談してください。

◆国家公務員がB型肝炎訴訟をしても、不利にはなりませんので、ぜひB型肝炎訴訟に強い弁護士に相談してください。

◆田舎ではB型肝炎というだけで差別されかねないといわれる方も、田舎から離れた裁判所で、裁判することができますので、ぜひB型肝炎訴訟に強い弁護士に相談してください。

B型の肝がんで亡くなって20年以上経ちました(岡山県Gさん)

~弁護士 北村明美のB型肝炎ブログ~

 

(岡山県在住J.Gさんより)

Q.夫が、平成8年12月18日にB型肝炎の肝がんで亡くなりました。

何回も手術をした上、亡くなったのです。

 

B型肝炎の訴訟や給付金に気がついたのは、今年(平成29年)の3月でした。

亡くなってから20年経ってしまっています。

 

3600万円の給付金はもらえないでしょうか。

 

A.残念です。

亡くなってから20年経過しているので、900万円になってしまいます。

もうちょっと早く気がついてお電話いただければよかった。

 

20年経っているかどうかは、B型肝炎訴訟で、重要なポイントになるのです。

 

 

 

 

 

052-541-8111
北村法律事務所 弁護士 北村明美
(全国対応いたします。)

B型肝炎訴訟・B型肝炎給付金の相談料・着手金は無料です。
弁護士報酬は、実質2%になります。ただし、困難事案は、別途相談させて下さい。
実費は別途必要となります。

 

 

 

B型の肝硬変や肝がんで亡くなった方のご遺族からお電話いただくことが多いです。

~弁護士 北村明美のB型肝炎ブログ~

 

最近、B型の肝硬変や肝がんで亡くなった方のご遺族からお電話いただくことが多いです。

 

平成18年に亡くなった

平成11年に亡くなった

平成8年に亡くなった

という方でも、多少のカルテが出てきて、給付金をもらってあげることができます。

 

カルテはほとんどなかったけれど、亡くなった夫の残したものを探してみると、血液検査結果がいくつか残っていたといわれる方もあります。

 

そういう場合でも、弁護士北村は、がんばって給付金をもらえるよう進めていきます。

 

 

052-541-8111
北村法律事務所 弁護士 北村明美
(全国対応いたします。)

B型肝炎訴訟・B型肝炎給付金の相談料・着手金は無料です。
弁護士報酬は、実質2%になります。ただし、困難事案は、別途相談させて下さい。
実費は別途必要となります。

 

 

 

 

B型肝炎訴訟:他の事務所から断られた方からの問い合わせ

 

~弁護士 北村明美のB型肝炎ブログ~

 

最近、B型肝炎訴訟の相談で、他の事務所に断られた方からの問い合わせがありますが、何とかなるケースが多いです。

 

 

 

 

 

 

052-541-8111
北村法律事務所 弁護士 北村明美
(全国対応いたします。)

B型肝炎訴訟・B型肝炎給付金の相談料・着手金は無料です。
弁護士報酬は、実質2%になります。ただし、困難事案は、別途相談させて下さい。
実費は別途必要となります。

 

 

 

HBc抗体の検査方法(静岡県Eさん)

~弁護士 北村明美のB型肝炎ブログ~

 

(静岡県在住K.Eさんより)

Q.病院の医師に、最近、検査機関は、HBc抗体の検査は、CLIA法ではあまりやらず、CLEIA法の方が一般的なので、CLEIA法でやってもいいかと聞かれましたが、どうでしょうか。

 

 

A.大丈夫です。

 

CLEIA法では、いくつ以下が低力価というのは、基本合意書には出ていませんので、検査機関あるいは病院が決めている数字によって、低力価か高力価かが定められます。

 

なお、CLIA法は、HBc抗体が(+)であっても、10より少ない数字であれば低力価ということになっています。

 

検査の精度は、

CLIA法>CLEIA法>200倍希釈検査(RIA法、EIA法)

です。

 

 

 

052-541-8111
北村法律事務所 弁護士 北村明美
(全国対応いたします。)

B型肝炎訴訟・B型肝炎給付金の相談料・着手金は無料です。
弁護士報酬は、実質2%になります。ただし、困難事案は、別途相談させて下さい。
実費は別途必要となります。

 

 

 

静岡県 60代 女性(B型肝硬変)

~弁護士 北村明美のB型肝炎ブログ~

 

私は、10年前に肝硬変と診断されました。

家計が苦しい中、高い医療費を払って治療をしてきたので、なんとしてもB型肝炎訴訟を起こして、給付金を得ようと思いました。

 

北村法律事務所にお願いして、提訴してもらい、8ヶ月ほど時間はかかりましたが、この度無事に給付金がもらえました。

少し、救われた気持ちになりました。

私から母子感染した娘と息子も救ってやれます。

旅行にも行くことにしました。

 

本当に、ありがとうございました。

 

 

 

052-541-8111
北村法律事務所 弁護士 北村明美
(全国対応いたします。)

B型肝炎訴訟・B型肝炎給付金の相談料・着手金は無料です。
弁護士報酬は、実質2%になります。ただし、困難事案は、別途相談させて下さい。
実費は別途必要となります。

 

 

 

次のページ »

メニュー このページのトップへ