B型肝炎訴訟ブログ

静岡県 T.Aさん

私はB型慢性肝炎、母はキャリアです。
母子ともども、弁護士北村明美さんに助けてもらい、給付金をもらうことができます。
北村法律事務所の弁護士北村明美さん、本当にありがとうございます。

長崎県 H.Sさん

母子感染ではないことを証明することがとても難しかったのですが、弁護士北村明美さんに助けてもらいました。
北村法律事務所の弁護士北村明美さん、本当にありがとうございます。

岐阜県 K.Yさん

私は、B型慢性肝炎です。
他の事務所にも問い合わせましたが、北村法律事務所が一番リーズナブルだったので、北村法律事務所の弁護士北村明美さんにお願いしました。
リーズナブルな上に、的確なアドバイスのおかげで資料集めも不安なくでき、無事に給付金をもらえました。
北村法律事務所の弁護士北村明美さん、本当にありがとうございます。

群馬県 W.Iさん

亡父は52歳の時からパーキンソン病で治療していました。その治療中にB型肝炎であることが判明していたため、B型肝炎訴訟のために医療記録をとってみました。
すると、パーキンソン病の治療のことばかり書いてあり、B型肝炎の肝硬変で亡くなったのか、パーキンソン病の何かで亡くなったのか分かりませんでした。
そこで北村明美弁護士に相談したところ、同じ感想を持たれ、医療記録を調べていただき「B型の肝硬変が死因である」という書面をそのお医者さんに書いてもらうことができました。
本当にほっとしました。ありがとうございます。

愛知県 S.Tさん

私はB型慢性肝炎なのですが、カルテを取って確認すると「薬害性肝炎」と記載されていることが分かりました。
そこで北村法律事務所の弁護士・北村明美さんに相談し、私の医療記録を読み込んでくれた結果、「薬害性肝炎ではなくB型慢性肝炎」 という意見書を病院に書いてもらうことができました。
これでB型肝炎訴訟ができます。ありがとうございました。

弁護士北村明美からのご回答

A.
一つは、証拠書類の量が多いか少ないか。少ない人は早いです。
厚労省の役人がチェックしやすいものが早いという傾向があることがわかっています。
もちろん、国から追加資料の要求がないケースの方が早いです。
                              (弁護士北村明美)

三重県 H.Sさん

北村法律事務所の弁護士北村明美さんから、「今日、和解ができるという上申書が国から来ましたよ。」と連絡をもらいました。
証拠書類を出してから9ヶ月で、和解の上申書が来たのです。
追加資料の提出を求められることもなかったです。
とてもうれしいです。

静岡県 I.Uさん

私も和解ができると連絡をもらいました。
肝硬変で苦しんでいるので、とてもうれしいです。
北村法律事務所の弁護士北村明美さんやスタッフの皆さん、ありがとうございます。

長崎県 K.Aさん

私はB型慢性肝炎です。
弁護士北村明美さんの的確なアドバイスで、不安なく資料集めをし、提訴していただきました。
そして、給付金をもらうことができます。
北村法律事務所の弁護士北村明美さん、ありがとうございます。

次のページ »

メニュー このページのトップへ