B型肝炎訴訟ブログ

【B型肝炎訴訟】 青森県 S.Yさん

結婚していくらも経たないうちに、主人がB型肝炎の肝ガンで亡くなりました。義母も無症状ですがB型肝炎だったので、義母が集団予防接種で感染して、息子である主人に母子感染したものでした。

あまりにも悔しいので、弁護士の北村明美先生に、義母と、息子である主人のB型肝炎訴訟をお願いして、給付金を受取ることができました。

本当にありがとうございました。

【B型肝炎訴訟】 岐阜県 T.Kさん

弁護士の北村明美先生にお願いしていた、亡くなった主人のB型肝炎訴訟が和解成立して給付金が貰えました!

主人が亡くなってから、女でひとつで子どもたちを育てた苦労が、報われた気持ちです。本当にありがとうございました。

 

【B型肝炎訴訟】 愛知県 O.Yさん

父は、B型肝炎の肝ガンで死亡しました。実は、息子である私も、B型肝炎であることがわかりました。

父は、すでに死亡していたので、父子感染であることの証明はできませんでした。

私は苦労して、北村明美さんのアドバイスに従って、第一次感染者であることの証拠をそろえました。父と私の二人とも提訴してもらったのですが、私の方が早く給付金を貰いました。

父の分もやがてはもらえると思います。ありがとうございます。

【B型肝炎訴訟】 兵庫県 T.Jさん

私の父もB型肝炎です。調べたら、私もB型肝炎でした。父は、バラクルードを数年間飲んだので、ウィルスが弱まっていました。そのため、HBV分子系統解析検査をしてもウィルスが弱くて、私のHBV分子系統解析結果と合致するという結果がでませんでした。

でも私は、父子感染だということでしか、裁判ができません。なぜなら、私は、まだ25歳だからです。弁護士の北村明美さんに頼んで、提訴してもらいました。よろしくお願いいたします。

【B型肝炎訴訟】 千葉県 H.Iさん

13年前に亡くなった父は、B型肝炎の肝硬変で死亡していました。事情があって、母も、子どもである私たちも相続放棄していました。どうしようかと弁護士北村明美さんに相談しました。良いアドバイスを貰い、亡き父の母親である祖母が原告となって、裁判をしてもらうことになりました。祖母と一緒に住んでいたのですが、亡き父の兄であるおじさんも協力してくれることになりました。本当に助かりました。ありがとうございます。

【B型肝炎訴訟】 長野県 F.H

B型のキャリアですが、肝機能は普通なので、B型肝炎訴訟なんか面倒くさいからやらないでおこうかと迷ってました。でも、北村明美弁護士から、やっておいた方があなたのためになる、と説明され、やることを決心しました。

【B型肝炎訴訟】岐阜県 I.Tさん

父が18年前にB型の肝ガンで死亡しましたが、カルテが残っていませんでした。父がB型肝ガンだったこと、B型肝炎の持続感染者だったことの立証すら困難だと他の事務所で言われました。北村明美弁護士から良いアドバイスをもらえ、提訴することができました。

ありがとうございます。

【B型肝炎訴訟】神戸市 Y.Yさん

B型肝炎が母子感染でないことを証明するのがむずかしかったです。母は32年前に死亡し、兄2人とも死亡。北村明美弁護士のアドバイスで兄のうち1人の血液検査結果を探し、何とか給付金をもらうことができます。

本当にうれしいです。

【B型肝炎訴訟】愛知県 T.Tさん

B型肝炎で亡くなった夫の給付金ありがとうございます。

夫は病院が嫌いで、B型肝炎とわかってから3か月で亡くなってしまいました。

国からは持続感染が証明できていないというクレームがつきました。

でも、北村明美弁護士が尽力してくれて、給付金を貰うことができたのです。

« 前のページ - 次のページ »

メニュー このページのトップへ