B型肝炎訴訟ブログ

ホーム >  B型肝炎訴訟ブログ > 良い病院を選んで、治療を受けて下さい。

良い病院を選んで、治療を受けて下さい。

~弁護士 北村明美のB型肝炎ブログ~

 

名古屋市の○○病院の医事課の方から、弁護士北村明美に電話があった。

「『B型肝炎ウイルス持続感染者の病態に係る診断書』は、当病院では書けません。担当医師がやめたから」と言う。
とても驚いた。
○○病院は、まあまあ大きい病院だ。担当医師が辞めても、今勤務している医師がカルテを見て診断書を書けるはずだ。2ヶ月前までH.Nさんは肝硬変で受診していたのだから。
病院の責任者と話がしたいと言うと、私ではわからないと言って電話を切られてしまった。

2日後、医事課課長から電話があり、「担当医師が辞めたので、当病院は肝疾患専門医療機関ではなくなった。だから診断書は書けないのだ」という説明を受けた。
やむを得ない。

大きな肝疾患専門医療機関や、拠点病院を受診し、○○病院のカルテから必要なもののコピーを持っていって、「診断書」を書いてもらうしかない。

B型肝炎の皆様、良い病院を選んで、検査や治療を受けて下さいネ。

 

 

052-541-8111
北村法律事務所 弁護士 北村明美
(全国対応いたします。)

B型肝炎訴訟・B型肝炎給付金の相談料・着手金は無料です。
弁護士報酬は、実質2%になります。ただし、困難事案は、別途相談させて下さい。
実費は別途必要となります。

 

 

メニュー このページのトップへ