B型肝炎訴訟ブログ

ホーム >  B型肝炎訴訟ブログ > 過去にインターフェロン治療を受けています。給付金はいくらですか。(福岡県Tさん)

過去にインターフェロン治療を受けています。給付金はいくらですか。(福岡県Tさん)

~弁護士 北村明美のB型肝炎ブログ~

 

(福岡県在住K.Tさんより)

Q.22年程前に、肝臓の数値が悪くなり、慢性肝炎と言われて、九州の大学病院でインターフェロン治療を受けました。大学病院だったので、カルテは残っていました。

その後、肝臓の数値は下がって、特にどこも具合は悪くなかったので、何の治療も受けませんでした。

現在も何の治療もしていませんが、B型肝炎ウイルスは私の身体に残っています。

慢性肝炎であったという診断書は書いてもらえたのですが、20年以上経っているし、現在治療していないので、150万円しかもらえませんか。

 

 

 

A.300万円もらえます。ただし、母子感染でなければですが。

 

「B型肝炎訴訟の手引き」には、

 

慢性肝炎、           1250万円

 

*20年の除斥期間を経過した方については、

①現に治療を受けている方等については  300万円

②上記の方以外については        150万円

 

と書いてありますので、誤解を生じやすいのです。

 

「現に治療を受けている方等」というのは、過去にインターフェロン治療などの治療を受けている方も、この中に入るのです。

 

したがって、K.Tさんの場合、300万円の給付金がもらえることになります。

ぜひ、ご連絡下さい。

 

052-541-8111
北村法律事務所 弁護士 北村明美
(全国対応いたします。)

B型肝炎訴訟・B型肝炎給付金の相談料・着手金は無料です。
弁護士報酬は、実質2%になります。ただし、困難事案は、別途相談させて下さい。
実費は別途必要となります。

 

 

メニュー このページのトップへ