B型肝炎訴訟ブログ

ホーム >  B型肝炎訴訟ブログ > 父は長子で、兄姉はいません。祖母は亡くなっていますが、B型肝炎訴訟はできますか(愛知県Tさん)

父は長子で、兄姉はいません。祖母は亡くなっていますが、B型肝炎訴訟はできますか(愛知県Tさん)

~弁護士 北村明美のB型肝炎ブログ~

 

(愛知県清須市在住K.Tさんより)

Q.B型肝炎の肝がんで亡くなった父は、長子です。

弟は1人いますが、兄姉はいません。

祖母ですか?3年前に93才で亡くなりました。

B型肝炎ではなかったと聞いています。

このような場合でも、B型肝炎訴訟は、できますか。

 

 

A.母子感染ではないことを証明しなければなりません。

原則として、祖母が80才未満の時の、HBs抗原(-)の血液検査結果が必要です。

お祖母様が亡くなって、まだ、3年なので、何らかのカルテ等は残っているはずです。すぐ、医療記録を取りに行きましょう。

 

052-541-8111
北村法律事務所 弁護士 北村明美
(全国対応いたします。)

B型肝炎訴訟・B型肝炎給付金の相談料・着手金は無料です。
弁護士報酬は、実質2%になります。ただし、困難事案は、別途相談させて下さい。
実費は別途必要となります。

 

メニュー このページのトップへ