B型肝炎訴訟ブログ

ホーム >  B型肝炎訴訟ブログ > ジェノタイプ(ゲノタイプ)を調べましたが、「保留」という結果になっていました(静岡県 Eさん)

ジェノタイプ(ゲノタイプ)を調べましたが、「保留」という結果になっていました(静岡県 Eさん)

~弁護士 北村明美のB型肝炎ブログ~

 

(静岡県在住のU.Eさんより)

Q.B型の肝硬変なので、医師にすすめられて、5年前からバラクルードを飲んでいます。

 

B型肝炎であることの血液検査結果が、平成18年からしかありません。

そのため、ジェノタイプ(ゲノタイプ)を調べてほしいといわれました。

 

病院で検査機関に出して調べてもらったのですが、「保留」という結果になっていました。どうしたらいいですか。

 

 

A.バラクルードを長く飲んで、その効果でB型肝炎ウイルスが弱く、少なくなって、ジェノタイプが出ないのだと思います。

 

やむを得ませんので、「保留」という検査結果を出しましょう。

 

 

052-541-8111
北村法律事務所 弁護士 北村明美
(全国対応いたします。)

B型肝炎訴訟・B型肝炎給付金の相談料・着手金は無料です。
弁護士報酬は、実質2%になります。ただし、困難事案は、別途相談させて下さい。
実費は別途必要となります。

 

メニュー このページのトップへ