B型肝炎訴訟ブログ

ホーム >  B型肝炎訴訟ブログ > 母の血液検査結果について(愛知県Wさん)

母の血液検査結果について(愛知県Wさん)

~弁護士 北村明美のB型肝炎ブログ~

 

(愛知県日進市在住E.Wさんより)

Q.母親に血液検査をしてもらいました。

HBs抗原は(-)だったのですが、HBc抗体が(+)で、8.7でした。

そこの医者は、「お母さんはB型肝炎だったんですよ。だから、あなたは母子感染だと思いますね。」と言いました。

私は、予防接種でB型肝炎が移ったと思うのですが、給付金はもらえないでしょうか。

 

 

A.お母さんのHBc抗体がCLIA法という検査方法で、8.7であったのならば、低力価ですので、B型肝炎訴訟では、母子感染ではないと扱われます。

第一関門を突破しましたので、次に、他の要件を満たすかどうかの証拠を、集めましょう。

 

 

 

052-541-8111
北村法律事務所 弁護士 北村明美
(全国対応いたします。)

B型肝炎訴訟・B型肝炎給付金の相談料・着手金は無料です。
弁護士報酬は、実質2%になります。ただし、困難事案は、別途相談させて下さい。
実費は別途必要となります。

 

 

 

メニュー このページのトップへ