B型肝炎訴訟ブログ

ホーム >  B型肝炎訴訟ブログ > 肝疾患専門医療機関ではない病院に受診していました。「B型肝炎ウイルス持続感染者の病態に係る診断書」は、どの病院で書いてもらえばいいですか。 (大阪府Nさん)

肝疾患専門医療機関ではない病院に受診していました。「B型肝炎ウイルス持続感染者の病態に係る診断書」は、どの病院で書いてもらえばいいですか。 (大阪府Nさん)

~弁護士 北村明美のB型肝炎ブログ~

 

(大阪府在住H.Nさんより)

私の父はB型肝炎で、B型の肝がんで平成11年に死亡しました。

かかっていたK病院は、私が住んでいる市でまあまあ大きな病院だったので、信頼してそこを受診したのです。

入院カルテは残っていましたが、調べてみると、K病院は、肝疾患専門医療機関ではなく、もちろん肝疾患診療連携拠点病院でも、がん診療連携拠点病院でもありませんでした。

 

「B型肝炎ウイルス持続感染者の病態に係る診断書」は、どの病院で書いてもらえばいいですか。

 

父は、その病院にしかかかっていませんでした。

 

 

A.肝疾患専門医療機関等ではなくても、そのK病院の医師に書いてもらうしかありません。

やむをえないです。

 

本来なら、肝疾患の専門医がいない病院は、肝疾患専門病院等に転院するようにすべきなのでしょうね。

 

 

052-541-8111
北村法律事務所 弁護士 北村明美
(全国対応いたします。)

B型肝炎訴訟・B型肝炎給付金の相談料・着手金は無料です。
弁護士報酬は、実質2%になります。ただし、困難事案は、別途相談させて下さい。
実費は別途必要となります。

 

 

メニュー このページのトップへ