B型肝炎訴訟ブログ

ホーム >  B型肝炎訴訟ブログ > ALT(GPT)の数値の異常値とは、いくつ以上のことか

ALT(GPT)の数値の異常値とは、いくつ以上のことか

~弁護士 北村明美のB型肝炎ブログ~

 

病院によって、また、時期によって、ALTの基準値が異なることがよくあります。

 A病院は、基準値6~30(IU/L)

 B病院は、基準値0~45(IU/L)

    :

    :

 

現在は31(IU/L)以上が、異常値といわれています。

ただ、病院によっても、時期によっても、45までが基準値としていたりするので、困ったものです。

 

国は、血液検査結果に記載してある基準値を超えた数値であれば、異常値とみるという見解です。

 

さあ、ALTの数値も検査してみましょう。

 

 

 

052-541-8111
北村法律事務所 弁護士 北村明美
(全国対応いたします。)

B型肝炎訴訟・B型肝炎給付金の相談料・着手金は無料です。
弁護士報酬は、実質2%になります。ただし、困難事案は、別途相談させて下さい。
実費は別途必要となります。

 

メニュー このページのトップへ