B型肝炎訴訟ブログ

ホーム >  B型肝炎訴訟ブログ > B型肝炎に持続感染しているとは、どういう内容で証明するのか(岐阜県Eさん)

B型肝炎に持続感染しているとは、どういう内容で証明するのか(岐阜県Eさん)

~弁護士 北村明美のB型肝炎ブログ~

 

(岐阜県岐阜市在住K.Eさんより)

Q.私は、B型肝炎の肝硬変であると診断されています。

ただ、最近分かったので、B型肝炎に持続感染しているということがいいにくいのです。

持続感染しているというのは、どういう内容で証明するのでしょうか。

 

 

 

A.6ヶ月以上離した2時点での、HBs抗原(+)であることの血液検査結果が必要です。

 

あるいは、HBc抗体が(+)で、CLIA法で10以上であれば、1回の血液検査で持続感染であるといえます。

 

HBs抗原の血液検査結果しかない場合は、6ヶ月以上明けた2時点の検査結果が必要ですから、すぐに知りたいのであれば、HBc抗体を検査してもらいましょう。

 

 

 

052-541-8111
北村法律事務所 弁護士 北村明美
(全国対応いたします。)

B型肝炎訴訟・B型肝炎給付金の相談料・着手金は無料です。
弁護士報酬は、実質2%になります。ただし、困難事案は、別途相談させて下さい。
実費は別途必要となります。

メニュー このページのトップへ