B型肝炎訴訟ブログ

ホーム >  B型肝炎訴訟ブログ > 私は母子感染でB型肝炎になりましたが、自分が生まれた病院がどこなのかわかりません。(愛知県Tさん)

私は母子感染でB型肝炎になりましたが、自分が生まれた病院がどこなのかわかりません。(愛知県Tさん)

~弁護士 北村明美のB型肝炎ブログ~

 

(愛知県春日井市在住D.Tさんより)

Q.僕は、母子感染でB型肝炎になっています。

北村法律事務所の弁護士北村明美さんから、母子感染の場合は、「あなたが生まれた日の前後6ヶ月、つまり1年間お母さんがかかった病院のカルテが必要です。カルテが無ければ、無いという証明が必要です」と言われました。

母に聞いたら、「岐阜県の多治見市に住んでいる時に、あなたを生んだけれど、産婦人科の名前がよく思い出せない」と言います。

困ってしまいました。

 

A.弁護士北村も、困ってしまいました。

40年も前のことなのです。

母子手帳がないか、探してもらうことにしました。

ラッキーなことに、母子手帳が出てきて、出産した病院名がわかったのです。

でも、その病院はもう廃院していたのでカルテがもらえないので、病院が廃院していることの証明を出しました。

 

 

 

052-541-8111
北村法律事務所 弁護士 北村明美
(全国対応いたします。)

B型肝炎訴訟・B型肝炎給付金の相談料・着手金は無料です。
弁護士報酬は、実質2%になります。ただし、困難事案は、別途相談させて下さい。
実費は別途必要となります。

 

メニュー このページのトップへ