B型肝炎訴訟ブログ

ホーム >  B型肝炎訴訟ブログ > 母の血液検査結果が、HBc抗体(-)、CLIA法9.9でした。(岐阜県Tさん)

母の血液検査結果が、HBc抗体(-)、CLIA法9.9でした。(岐阜県Tさん)

~弁護士 北村明美のB型肝炎ブログ~

 

(岐阜県岐阜市在住O.Tさんより)

Q.母に血液検査をしてもらったところHBs抗原は(-)だったのですが、

HBc抗体が(+)で、CLIA法で9.9となっていました。

大丈夫でしょうか。

母子感染ではないという証明は、できるでしょうか。

 

A.はい、大丈夫です。

10より小さい数字であれば、B型肝炎ではないと扱うことに決めてあるのです。

 

10以上の場合は、アウトです。

その場合でも、北村法律事務所にぜひ相談して下さい。

 

なんとかしてあげることができるケースが、いくつかありました。

 

052-541-8111
北村法律事務所 弁護士 北村明美
(全国対応いたします。)

B型肝炎訴訟・B型肝炎給付金の相談料・着手金は無料です。
弁護士報酬は、実質2%になります。ただし、困難事案は、別途相談させて下さい。
実費は別途必要となります。

 

 

メニュー このページのトップへ