B型肝炎訴訟ブログ

ホーム >  B型肝炎訴訟ブログ > インターフェロンをやったので、HBs抗原は(-)になりました。これでは、B型肝炎訴訟の給付金はもらえないでしょうか②(静岡県Sさん)

インターフェロンをやったので、HBs抗原は(-)になりました。これでは、B型肝炎訴訟の給付金はもらえないでしょうか②(静岡県Sさん)

~弁護士 北村明美のB型肝炎ブログ~

 

(静岡県在住K.Sさんより)

Q.この前のブログを見ました。

実は私も、今はHBs抗原(-)なのです。

15年ほど前に、肝臓の数値が急に悪くなり入院して、インターフェロンをやりました。

医者には、「セロコバージョンした」と言われました。

こういうケースでも、B型慢性肝炎の1250万円がもらえるでしょうか。

 

A.母子感染ではない等という血液検査結果があれば、B型肝炎訴訟の給付金1250万円がもらえる可能性があります。

 

がんばって、必要な書類をそろえましょう。

 

052-541-8111
北村法律事務所 弁護士 北村明美
(全国対応いたします。)

B型肝炎訴訟・B型肝炎給付金の相談料・着手金は無料です。
弁護士報酬は、実質2%になります。ただし、困難事案は、別途相談させて下さい。
実費は別途必要となります。

 

メニュー このページのトップへ