B型肝炎訴訟ブログ

ホーム >  B型肝炎訴訟ブログ > インターフェロンをやったので、HBs抗原は(-)になりました。これでは、B型肝炎訴訟の給付金はもらえないでしょうか③(滋賀県Tさん)

インターフェロンをやったので、HBs抗原は(-)になりました。これでは、B型肝炎訴訟の給付金はもらえないでしょうか③(滋賀県Tさん)

~弁護士 北村明美のB型肝炎ブログ~

 

(滋賀県在住N.Tさん)

Q.私も、HBs抗原(-)です。

平成5年8月に、B型慢性肝炎という診断を受けました。

平成9年12月、肝臓の数値が急激に高くなって、急性肝炎になったといわれ、入院してインターフェロン治療を受けました。

その後、しばらく通院しましたが、医者からはやはり「セロコバージョンしましたよ。だけど、1年に2回は検査して下さいね」と言われました。

私も、1250万円の給付金はもらえますか。

今は、何の治療もしていません。

 

A.残念ながら、B型慢性肝炎と診断されてから、20年以上経過しています。

今が平成28年、B型慢性肝炎と診断を受けたのが、平成5年8月なので、23年間もたっています。

 

そうすると、20年以上経過しているが、かつてインターフェロン治療をしているので、300万円の給付金を請求する訴訟を起こすことになります。

 

20年経過している人で、今、治療していなくても、過去にインターフェロン、ステロイドリバウンド療法、プロパゲルマニウムのいずれかの治療をしていた方は、300万円の給付金がもらえます。核酸アナログ(バラクルード等)を飲んでいる人は、今もずっと飲み続けていることになると思いますので、300万円もらえます。

 

 

 

052-541-8111
北村法律事務所 弁護士 北村明美
(全国対応いたします。)

B型肝炎訴訟・B型肝炎給付金の相談料・着手金は無料です。
弁護士報酬は、実質2%になります。ただし、困難事案は、別途相談させて下さい。
実費は別途必要となります。

 

 

メニュー このページのトップへ