B型肝炎訴訟ブログ

ホーム >  B型肝炎訴訟ブログ > B型肝炎で母子感染でないことを立証したいのですが、母は亡くなり、姉とも絶交状態です。(岐阜県Oさん)

B型肝炎で母子感染でないことを立証したいのですが、母は亡くなり、姉とも絶交状態です。(岐阜県Oさん)

~弁護士 北村明美のB型肝炎ブログ~

 

(岐阜県高山市在住N.Oさんより)

Q.昨日の人とよく似ているのですが、母は、8年前に食道がんで亡くなっています。認知症にもなっていました。

 

実は、B型肝炎ではない2番目の姉と、母が死んだあとケンカをして絶交状態です。

 

どうしたらいいですか。

 

A.まず、お母さんが亡くなった病院に血液検査結果がないか調べましょう。

お母さんは、78才で亡くなっておられるとのことなので、そこで、HBs抗原が(-)であるという血液検査結果があれば、母子感染ではないことが立証できます。

 

お母さんのHBs抗原(-)の血液検査結果がどうしても見つからない場合、2番目の姉と仲の悪くない3番目のお姉さんから、2番目の姉に血液検査をしてもらうよう、頼んでもらうという手もあります。

 

「頭はいくら下げても、何も減らない。」という言葉は、ドクターXの中で西田敏行さんが台詞として言っていましたし、千昌男さんも多額の借金を背負った時に、言っていたと思います。

 

 

052-541-8111
北村法律事務所 弁護士 北村明美
(全国対応いたします。)

B型肝炎訴訟・B型肝炎給付金の相談料・着手金は無料です。
弁護士報酬は、実質2%になります。ただし、困難事案は、別途相談させて下さい。
実費は別途必要となります。

メニュー このページのトップへ