B型肝炎訴訟ブログ

ホーム >  B型肝炎訴訟ブログ > 亡くなった父のためにB型肝炎訴訟を起こしたいのですが、どういうものを集めればいいですか(愛知県Aさん)

亡くなった父のためにB型肝炎訴訟を起こしたいのですが、どういうものを集めればいいですか(愛知県Aさん)

~弁護士 北村明美のB型肝炎ブログ~

 

(愛知県名古屋市在住T.Aさんより)

Q.父が、去年の12月にB型の肝がんで亡くなりました。

こういう場合、遺族が給付金をもらえるということを、つい最近知り、お電話しました。

 

どういうものを集めればいいですか。

 

A.まず、母子感染ではないことを証明するために、父の母、つまりお祖母さんの血液検査結果を探して下さい。

お祖母さんは、8年前に胃がんで亡くなっておられるわけですね。

8年前であれば、何とかカルテは残っていると思いますので、入院しておられた病院に聞いてみて下さい。

 

ただし、どの病院も、HBs抗原しか検査しておらず、HBc抗体は検査していないのが普通なので、お祖母さんが80才未満の時点のHBs抗原が(-)という血液検査結果が必要です。

 

厚労省は、その理由を、「80才以上の時点の検査の場合は、HBs抗原の陰性化(持続感染しているが、ウイルス量が減少して検出されなくなること)が無視できない程度に発生することが知られているため、HBc抗体も併せて確認することが必要です。」と説明しています。

 

釈然としませんが、お祖母さんの80才未満の血液検査結果を探しましょう。

 

 

052-541-8111
北村法律事務所 弁護士 北村明美
(全国対応いたします。)

B型肝炎訴訟・B型肝炎給付金の相談料・着手金は無料です。
弁護士報酬は、実質2%になります。ただし、困難事案は、別途相談させて下さい。
実費は別途必要となります。

 

メニュー このページのトップへ