B型肝炎訴訟ブログ

ホーム >  B型肝炎訴訟ブログ > 父はB型肝炎で、父の母は亡くなっています。父の兄は健在ですが、異父兄弟です。B型肝炎の給付金はもらえますか(栃木県Kさん)

父はB型肝炎で、父の母は亡くなっています。父の兄は健在ですが、異父兄弟です。B型肝炎の給付金はもらえますか(栃木県Kさん)

~弁護士 北村明美のB型肝炎ブログ~

 

(栃木県U.Kさんより)

Q.父は、肝硬変から肝がんになって、大変な思いをしました。

何とか一命はとりとめ、退院することができましたが、とても大変でした。

父は、昭和23年生まれです。

給付金をもらうには、どうしたらいいですか。

父の母は、8年前に転んでケガをして、そのまま亡くなってしまっています。

父に兄はいるのですが、異父兄弟です。

 

A.お父さんがB型肝炎訴訟をして給付金をもらうには、まず母子感染でないことを証明する、お父さんのお母さんの血液検査結果か、お父さんの年上の兄の血液検査結果が必要です。

お祖母さんは、8年前に亡くなっておられるとのことなので、当時のカルテは残っているのではないかと思うのですが、そのカルテの中に血液検査結果はないでしょうか。

 

なければ、お父さんの兄上に、血液検査をしてもらうことになります。

 

父親が違う異父兄弟ですが、大丈夫ですか?ということですね。

お母さんさえ同じであれば、大丈夫です。

 

 

052-541-8111
北村法律事務所 弁護士 北村明美
(全国対応いたします。)

B型肝炎訴訟・B型肝炎給付金の相談料・着手金は無料です。
弁護士報酬は、実質2%になります。ただし、困難事案は、別途相談させて下さい。
実費は別途必要となります。

 

メニュー このページのトップへ