B型肝炎訴訟ブログ

ホーム >  B型肝炎訴訟ブログ > カルテは1ヶ月半分しかなく、病院は肝臓の専門医がいませんでした。それでもB型肝炎訴訟をして給付金はもらえますか(岐阜県Wさん)

カルテは1ヶ月半分しかなく、病院は肝臓の専門医がいませんでした。それでもB型肝炎訴訟をして給付金はもらえますか(岐阜県Wさん)

~弁護士 北村明美のB型肝炎ブログ~

 

(岐阜県多治見市K.Wさんより)

Q.昨日のブログを読みました。

 

私の場合も、父がB型肝炎の肝がんで亡くなっています。

父は、病院が嫌いで、具合が悪くなって病院に行った時に、すでに末期の肝がんでした。

それから1か月半後に亡くなってしまったのです。

そのため、カルテは1か月半分しかありません。

しかも、その病院は、肝臓の専門医がいなかったようなのです。

それでも、B型肝炎訴訟をやって、給付金はもらえるでしょうか。

 

 

A.肝臓は、沈黙の臓器なので、具合が悪くなったときに、既に手遅れというケースの相談が、何件かあります。

 

それでも、1か月半というのは、一番短いですね。

 

「B型肝炎ウイルス持続感染者の病態に係る診断書」を、その病院の内科医に書いてもらい、病院の1か月半のカルテの中に、HBs抗原(+)等という血液検査結果があれば、トライしてみましょう(もちろん、他の要件も出来る限り満たす必要があります。)。

 

厚労省がいう、困難事案のケースですが、困難事案であることをわかった上で、トライするということになります。

 

052-541-8111
北村法律事務所 弁護士 北村明美
(全国対応いたします。)

B型肝炎訴訟・B型肝炎給付金の相談料・着手金は無料です。
弁護士報酬は、実質2%になります。ただし、困難事案は、別途相談させて下さい。
実費は別途必要となります。

 

メニュー このページのトップへ