B型肝炎訴訟ブログ

ホーム >  B型肝炎訴訟ブログ > ジェノタイプがAeでないことを証明するには、どうしたらいいでしょうか。(東京都Hさん)

ジェノタイプがAeでないことを証明するには、どうしたらいいでしょうか。(東京都Hさん)

~弁護士 北村明美のB型肝炎ブログ~

 

(東京都在住S.Hさんより)

Q.他の弁護士に相談したら、「あなたは平成15年にB型肝炎だということがわかった人なので、ジェノタイプがAeでないことを検査してもらって下さい。」と言われました。

ジェノタイプがAeでないことを証明するのは難しいと、医師に言われてしまいました。

どうしたらいいでしょうか。

 

A.ジェノタイプがAeでないことを証明するには、あなたのB型肝炎ウイルスのジェノタイプが何かを検査してもらうことです。

通常、日本人はジェノタイプがBかCなので、そういう検査結果が出て、Aeでないことがわかれば、ジェノタイプがAeでないと証明することができるのです。

 

052-541-8111
北村法律事務所 弁護士 北村明美
(全国対応いたします。)

B型肝炎訴訟・B型肝炎給付金の相談料・着手金は無料です。
弁護士報酬は、実質2%になります。ただし、困難事案は、別途相談させて下さい。
実費は別途必要となります。

 

メニュー このページのトップへ