B型肝炎訴訟ブログ

ホーム >  B型肝炎訴訟ブログ > 母子手帳の中の予防接種欄の問題(長崎県Mさん)

母子手帳の中の予防接種欄の問題(長崎県Mさん)

~弁護士 北村明美のB型肝炎ブログ~

 

(長崎県在住E.Mさんより)

Q.私は、B型慢性肝炎です。

母子手帳は残っているのですが、予防接種のページを見ると、医者の苗字のハンコしか押してありません。

姉の生まれた時の母子手帳には、予防接種を受けた市の判が押してあります。

B型肝炎訴訟をやる際に、何か問題になりますか。

 

 

A.母子手帳には、予防接種をしたことが記載されています。

0才から4,5才くらいまでの予防接種が記載されているので、予防接種をしたことを証明は、通常母子手帳だけで十分なのです。

 

ところが、あなたの母子手帳のように、医師のハンコしか押していない場合、何らかの事情で、一斉に行われた予防接種の時(順番に並んで注射器を連続使用をする予防接種の時)ではなく、個別にその医師のところへ行って1人だけ予防接種を受けてきたと読み取れるので、問題になるのです。

 

B型肝炎になって給付金がもらえるのは、注射針や注射器を連続使用した予防接種を受けた場合なので、あなたの場合、母子手帳がないケースと同じような他の立証をしなければならなくなります。

 

 

052-541-8111
北村法律事務所 弁護士 北村明美
(全国対応いたします。)

B型肝炎訴訟・B型肝炎給付金の相談料・着手金は無料です。
弁護士報酬は、実質2%になります。ただし、困難事案は、別途相談させて下さい。
実費は別途必要となります。

 

メニュー このページのトップへ