B型肝炎訴訟ブログ

ホーム >  B型肝炎訴訟ブログ > 私と父がB型肝炎です。給付金はもらえますか(愛知県Iさん)

私と父がB型肝炎です。給付金はもらえますか(愛知県Iさん)

 

~弁護士 北村明美のB型肝炎ブログ~

 

(愛知県名古屋市在住K.Iさんより)

Q.私は、21才の時にB型肝炎であることがわかりました。

1年前に、B型慢性肝炎といわれ、テノゼットを飲むようになりました。

父も1年半前にB型慢性肝炎で、テノゼットを飲むようになりました。

母は、肝機能が悪くなったりはしますが、あまり医者には行っていません。

給付金はもらえるでしょうか。

 

A.お母さんのお母さんは、生きていらっしゃいますか。
生きておられれば、HBs抗原とHBc抗体の検査をしてもらって下さい。

お父さんのお母さんは、生きていらっしゃいますか。
生きておられれば、HBs抗原とHBc抗体の検査をしてもらって下さい。

お母さんやお父さんが母子感染ではなく、予防接種でB型肝炎になったということがいえれば、お父さんは、少なくともB型慢性肝炎患者として提訴し、給付金がもらえると思います。

 

お母さんには、病院へ行って、HBs抗原、HBc抗体や、ALTの検査をしてもらう必要があります。

 

 

 

 

 

052-541-8111
北村法律事務所 弁護士 北村明美
(全国対応いたします。)

B型肝炎訴訟・B型肝炎給付金の相談料・着手金は無料です。
弁護士報酬は、実質2%になります。ただし、困難事案は、別途相談させて下さい。
実費は別途必要となります。

 

 

 

メニュー このページのトップへ