B型肝炎訴訟ブログ

ホーム >  B型肝炎訴訟ブログ > B型肝炎診断書偽造容疑で逮捕(旭川、訴訟原告の男)

B型肝炎診断書偽造容疑で逮捕(旭川、訴訟原告の男)

~弁護士 北村明美のB型肝炎ブログ~

 

今日(2017年1月31日)の朝刊に、次のような記事が載っていました。

 

北海道警旭川中央署は、1月30日、B型肝炎訴訟で偽造した診断書を地裁に提出したとして、有印公文書偽造と同行使の疑いで、原告の会社役員渡辺修一容疑者を逮捕した。

 

札幌法務局によると、B型肝炎訴訟で証拠の偽造が発覚したのは、全国初という。

 

逮捕容疑では2016年8月ごろ、B型肝炎ウイルスへの持続感染によって病気になったとする医師の診断書2通を偽造し、9月14日に旭川地裁に提出したとされる。

署によると、医師が作成した診断書の「慢性肝炎(疑い)」を、「慢性肝炎(B型)」としたほか、発症時期など数カ所が書き換えられていた。

紙を切り貼りし、コピーした診断書を提出したとみている。

渡辺容疑者は、国に1250万円の和解給付金を求めて2015年6月に提訴し、訴訟は継続中である。

 

現在は、弁護士をつけていないようである。

 

引用:中日新聞朝刊 日経新聞朝刊 2017年1月31日

 

 

 

偽造することは、絶対にやめましょう。

当事務所では、「B型肝炎ウイルス持続感染者の病態に係る診断書」の内容に誤りがある場合は、医師にお願いして訂正してもらい、訂正印を押してもらうようにしています。

 

 

 

 

052-541-8111
北村法律事務所 弁護士 北村明美
(全国対応いたします。)

B型肝炎訴訟・B型肝炎給付金の相談料・着手金は無料です。
弁護士報酬は、実質2%になります。ただし、困難事案は、別途相談させて下さい。
実費は別途必要となります。

 

 

 

メニュー このページのトップへ