B型肝炎訴訟ブログ

ホーム >  B型肝炎訴訟ブログ > B型肝炎訴訟を起こすのに、カルテではなく血液検査結果ではだめですか。(東京都Sさん)

B型肝炎訴訟を起こすのに、カルテではなく血液検査結果ではだめですか。(東京都Sさん)

~弁護士 北村明美のB型肝炎ブログ~

 

(東京都在住J.Sさんより)

Q.カルテが必要だと弁護士北村明美さんから言われましたが、血液検査結果だけではだめですか。

私は、病院で血液検査をしてもらうときは結果を必ずもらって、それを何年分も保管してあります。

 

 

A.血液検査結果だけでは、国は満足しません。

 

血液検査結果だけではなく、医師が記載したカルテや、他の検査報告書等を含めた医療記録を提出せよといっているのです。

 

予防接種以外の他の原因がないかをみるために必要としているという面もありますので、ご注意下さい。

 

なお、所持しておられる血液検査結果は、カルテが十分にない時に持続感染を証明するためや、慢性肝炎がいつから発生していたかを証明するためにとても役立つものなので、それも、弁護士に渡して下さい。

 

 

052-541-8111
北村法律事務所 弁護士 北村明美
(全国対応いたします。)

B型肝炎訴訟・B型肝炎給付金の相談料・着手金は無料です。
弁護士報酬は、実質2%になります。ただし、困難事案は、別途相談させて下さい。
実費は別途必要となります。

 

 

 

メニュー このページのトップへ