B型肝炎訴訟ブログ

ホーム >  B型肝炎訴訟ブログ > B型肝炎の肝がんになっていないか、私のCTの検査結果を見てもらえないでしょうか(鹿児島県Iさん)

B型肝炎の肝がんになっていないか、私のCTの検査結果を見てもらえないでしょうか(鹿児島県Iさん)

~弁護士 北村明美のB型肝炎ブログ~

 

 

(鹿児島県在住T.Iさんより)

Q.B型慢性肝炎で給付金をもらいましたが、肝がんになっていないかどうか、不安でたまりません。

 

弁護士の北村明美さんに、CTの検査結果を見てもらって、肝がんかどうかを判断してほしいのですが、だめでしょうか。

 

 

A.ご心配ですね。

 

でも、肝がんかどうかは、医師が判断することで、弁護士が判断することではありません。

医師に診断書を書いてもらわないと、肝がんになったという差額の給付金としての給付金は、もらえないのです。

1.まず、検査してもらった病院の医師に、もう一度きちんと聞いて下さい。
また、英語で書いてある部分は、なんという意味なのかも、医師にきいてみましょう。

2.それでも納得いかない場合は、他の大きな病院でもう一度検査してもらい、
肝がんになっているかどうかを調べてもらって下さい。

 

052-541-8111
北村法律事務所 弁護士 北村明美
(全国対応いたします。)

B型肝炎訴訟・B型肝炎給付金の相談料・着手金は無料です。
弁護士報酬は、実質2%になります。ただし、困難事案は、別途相談させて下さい。
実費は別途必要となります。

 

 

 

メニュー このページのトップへ