B型肝炎訴訟ブログ

ホーム >  B型肝炎訴訟ブログ > 岐阜県 40代 女性 (B型肝がんで亡くなった父について)

岐阜県 40代 女性 (B型肝がんで亡くなった父について)

~弁護士 北村明美のB型肝炎ブログ~

 

私の父も、11年前、B型の肝臓がんで亡くなりました。

弁護士の北村明美さんから、父の母であるおばあちゃんに、血液検査をしてもらって下さいといわれたのですが、父が死んでから、私も弟も母も、おばあちゃんとは疎遠になっていました。

 

しかも、おばあちゃんは92才で、父の弟夫婦と一緒に暮らしているため、父の弟、つまり叔父さんが納得しないと、血液検査はしてもらえない状況でした。

 

尻込みしていると、弁護士の北村明美さんは、「ダメ元と思って、頼んでみるしかないですよ。ともかく、何回も頼んでみるしかないですよ。頼まないで諦めて後悔するより、頼んだ方がいいでしょ。」等と言って、何回も励ましてくれました。

 

おばあちゃんのところへ足を運んで、叔父さんにも説明したら、わかってくれ、叔父さんがおばあちゃんを病院に連れて行ってくれました。

おばあちゃんの血液検査結果は、HBs抗原が(-)で、HBc抗体は(+)でしたが、CLIA法は10より低い、9.11でした。

 

あの時、弁護士北村明美さんが励ましてくれたので、おかげさまで、これからB型肝炎訴訟に向けて、一歩前に進めることができそうです。

 

和解ができるまで、引き続きよろしくお願いします。

 

052-541-8111
北村法律事務所 弁護士 北村明美
(全国対応いたします。)

B型肝炎訴訟・B型肝炎給付金の相談料・着手金は無料です。
弁護士報酬は、実質2%になります。ただし、困難事案は、別途相談させて下さい。
実費は別途必要となります。

 

 

 

 

メニュー このページのトップへ