B型肝炎訴訟ブログ

ホーム >  B型肝炎訴訟ブログ > おばあちゃんの血液検査結果が出ましたが、B型肝炎のようです(宮崎県Eさん)

おばあちゃんの血液検査結果が出ましたが、B型肝炎のようです(宮崎県Eさん)

~弁護士 北村明美のB型肝炎ブログ~

 

(宮崎県在住M.Eさんより)

Q.母が、B型肝炎の肝硬変で亡くなりました。

私も妹も、母子感染です。

弁護士の北村明美さんに、母の母、つまり、おばあちゃんが生きているなら、血液検査をしてもらってといわれ、遠くに住んでいるため、一緒に住んでいる伯父さんに頼んで血液検査に行ってもらいました。

 

お医者さんに、おばあちゃんは、B型肝炎だといわれたとのことです。

おばあちゃんは、昭和14年生まれです。

 

もう、だめでしょうか。

 

A.あきらめる前に、おばあちゃんの血液検査結果のコピーを送って下さい。

 

HBc抗体が(+)であれば、医師によっては、B型肝炎だという人もいますので、HBc抗体の数値が見たいです。

 

それから、判断しましょう。

 

 

052-541-8111
北村法律事務所 弁護士 北村明美
(全国対応いたします。)

B型肝炎訴訟・B型肝炎給付金の相談料・着手金は無料です。
弁護士報酬は、実質2%になります。ただし、困難事案は、別途相談させて下さい。
実費は別途必要となります。

 

 

 

メニュー このページのトップへ