B型肝炎訴訟ブログ

ホーム >  B型肝炎訴訟ブログ > ALTが入院1日目よりだいぶ下がりましたが、給付金はもらえますか(北海道Aさん)

ALTが入院1日目よりだいぶ下がりましたが、給付金はもらえますか(北海道Aさん)

~弁護士 北村明美のB型肝炎ブログ~

 

(北海道在住K.Aさんより)

Q.今、入院しています。

1月中ばに、急にだるくなって、だるくてたまらないので、近くの病院へ行ったところ、肝臓専門医だったようで、「黄だんが出ているね」と言われました。

確かに、白目が黄色っぽくなっていました。

その医師は、すぐ血液検査をしてくれました。

肝機能がすごく悪くなっていて、「B型肝炎ですよ。すぐ入院して下さい」と言われ、すぐに入院することになりました。

 

その後、バラクルードを飲むよういわれて、毎日飲むようになりました。

ALTが入院1日目は171あったのに、昨日は、47まで下がりました。

私は、給付金がもらえますか。

 

A.大変でしたね。

今は、体調がよくなってきていますか。

お母さんが生きておられるということなので、HBs抗原と、HBc抗体を調べてもらって下さい。

 

お母さんが、国の基準で、B型肝炎ではないといえれば、先へ進み、他の資料も集めましょう。

お母さんさえクリアできれば、給付金がもらえる可能性は高いと思います。

 

バラクルードを飲むのを忘れないようにして、資料集めを一緒にやっていきましょう。

 

 

052-541-8111
北村法律事務所 弁護士 北村明美
(全国対応いたします。)

B型肝炎訴訟・B型肝炎給付金の相談料・着手金は無料です。
弁護士報酬は、実質2%になります。ただし、困難事案は、別途相談させて下さい。
実費は別途必要となります。

 

 

 

 

メニュー このページのトップへ