B型肝炎訴訟ブログ

ホーム >  B型肝炎訴訟ブログ > A病院ではB型慢性肝炎、B病院では軽度の肝硬変と診断されました。どちらの病態で提訴すればいいですか(広島県Kさん)

A病院ではB型慢性肝炎、B病院では軽度の肝硬変と診断されました。どちらの病態で提訴すればいいですか(広島県Kさん)

~弁護士 北村明美のB型肝炎ブログ~

 

(広島県在住I.Kさんより)

Q.私は、今まで行っていたA病院で、B型慢性肝炎と診断され、バラクルードを飲むよう言われました。

一生飲まなければならないと言われたので、躊躇していると、バラクルードを飲まないのなら、これ以上治療を続けられないと言われてしまいました。

とても嫌な思いをしたので、別のB病院に行ってみました。

すると、血液検査、エコー検査やCTスキャンもやってくれ、医師は、「あなたは軽度の肝硬変だと思う」と言い、診断書も書いてくれました。

軽度の肝硬変でB型肝炎訴訟をやって、給付金はもらえるでしょうか。

 

 

A.B病院へは、何回か行っていて、肝疾患診療連携拠点病院なんですね。

主治医の先生が肝疾患に詳しい先生でしたら、軽度の肝硬変で給付金がもらえると思います。

 

 

052-541-8111
北村法律事務所 弁護士 北村明美
(全国対応いたします。)

B型肝炎訴訟・B型肝炎給付金の相談料・着手金は無料です。
弁護士報酬は、実質2%になります。ただし、困難事案は、別途相談させて下さい。
実費は別途必要となります。

 

 

 

 

 

メニュー このページのトップへ