B型肝炎訴訟ブログ

ホーム >  B型肝炎訴訟ブログ > 大阪府 H.Sさん

大阪府 H.Sさん

Q.私は、具合が悪くなって病院に行ったとき、B型の肝硬変と言われてしまいました。

その後、肝癌も三回発症し場所が悪かったのでカテーテルで治療するしかありませんでした。

母親に血液検査をしてもらうよう、言われたのですが、万一母親がB型肝炎だったら、どうなるのでしょうか?

母子感染だとしたら、不利になりますか?

 

A.母子感染だからといって必ずしも不利になるわけではありませんが、さらにお母さんが母子感染ではないということを証明しなければならなくなります。

お母さんのお母さん(祖母)がB型肝炎でないという立証ができれば、お母さんが給付金をもらえ、母子感染をしたあなたも給付金をもらえる可能性があることになります。

まず、お母さんにHBs抗原とHBc抗体の検査をしてもらいましょう。

その検査結果を見てから対応策を考えればいいのです。

なお、お母さんの生年月日が昭和16年7月2日~昭和63年1月27日であることが条件になります。

メニュー このページのトップへ