B型肝炎訴訟ブログ

ホーム >  B型肝炎訴訟ブログ > 宮崎県 H.Kさん

宮崎県 H.Kさん

A: 父はB型の肝臓癌で亡くなりました。

    父の母(祖母)は父より長生きして2年前に93歳で亡くなりました。
    祖母が93歳の時の血液検査結果HBs抗原(-)のものは残っていたのですが、

 80歳未満の時の血液検査結果は残っていませんでした。
 どうしたらいいですか?

 

Q: こういう方が結構おられます。

     みんな長生きするようになって90歳以上まで生きる方が多くなったからです。
     亡くなったお父さんに年上の兄や姉がいればその人に血液検査をしてもらいましょう。

メニュー このページのトップへ