B型肝炎訴訟ブログ

ホーム >  B型肝炎訴訟ブログ > 山梨県 A.Hさん

山梨県 A.Hさん

Q.父が平成18年B型の肝硬変で亡くなっています。

もう11年前になりますが、給付金はもらえるでしょうか?

 

A.母子感染ではないということが証明でき、

お父さんがB型肝炎の持続感染者で肝硬変で亡くなっていることが証明できれば、

給付金がもらえる可能性は大です。

お父さんのお母さんは、40年も前に亡くなっているんですね。

では、お父さんの兄か姉はいますか?

お兄さんが生きていて、血液検査をしてもらえるということですね。

では、お父さんのお兄さん(叔父さん)にしてもらうべき血液検査の書面をお送りします。

がんばってやっていきましょう。

メニュー このページのトップへ