B型肝炎訴訟ブログ

ホーム >  B型肝炎訴訟ブログ > 岐阜県 S.Hさん

岐阜県 S.Hさん

私は、30年ほど前に慢性B型肝炎と言われ、長い間、市民病院で治療してきました。
2年前、北村明美弁護士に頼んで、B型肝炎訴訟を起こしてもらい、
20年たっていたので、300万円だけ給付金をもらいました。

ところが、昨年末、肝臓がんが発見されたのです。
そして、2018年1月、腹を切って肝臓のかなりの部分を切除する手術をしてもらいました。
自分ではどうしていいかわからなかったので、また、北村明美弁護士に頼みました。

必要な書類を適確に指示してくれ、送りましたところ、3月末には、
「まるっと3600万円」
が基金から払われたのです。

本当に助かりました。
手術代や麻酔の費用などで、数百万円かかりましたので、余計にありがたかったです。
妻もよろこんでいました。妻はやさしくなって食事に気をつけてくれるようになりました。

メニュー このページのトップへ