B型肝炎訴訟ブログ

ホーム >  B型肝炎訴訟ブログ > 弁護士北村明美からのご回答

弁護士北村明美からのご回答

A.
20年の時効(除斥期間)を過ぎ、キャリアで50万円しかもらえなかった人や
慢性肝炎で150万とか300万円しかもらえなかった人の場合、
病態が重くなって、仮に肝癌が発症したとすると、3600万円全額がもらえます。

3600万円から、すでにもらっている金額を差し引かれることはありません。

B型肝炎の特措法にそういう条文があるからです。

メニュー このページのトップへ