B型肝炎訴訟ブログ

ホーム >  B型肝炎訴訟ブログ > 輸血でB型肝炎になったと思われる場合

輸血でB型肝炎になったと思われる場合

~弁護士 北村明美のB型肝炎ブログ~

 

(三重県いなべ市在住D.Sさんより)

Q.輸血でB型肝炎がうつったのではないかと思うのですが、給付金はもらえますか。

 

A.残念ながら、輸血でB型肝炎がうつった場合は、B型肝炎特別措置法による給付金はもらえません。
じゃあ、どんな救済があるか、ですが、今のところ輸血でB型肝炎がうつった人を救済してくれる法律はありません。
輸血は「必要悪」と考えられているからと言われています。

あなたが原告となって、国を相手に輸血の場合も救済せよという訴訟を起こし、勝訴するような時代になれば、道は開けます。

 
ぜひ、ご連絡下さい。

 

052-541-8111
北村法律事務所 弁護士 北村明美
(全国対応いたします。)

B型肝炎訴訟・B型肝炎給付金の相談料・着手金は無料です。
弁護士報酬は、実質2%になります。ただし、困難事案は、別途相談させて下さい。
実費は別途必要となります。

 

 

 

メニュー このページのトップへ