B型肝炎訴訟ブログ

ホーム >  B型肝炎訴訟ブログ > 母が亡くなっていて、本人は長男で兄姉がいない場合、B型肝炎訴訟は難しいか(大阪府Hさん)

母が亡くなっていて、本人は長男で兄姉がいない場合、B型肝炎訴訟は難しいか(大阪府Hさん)

~弁護士 北村明美のB型肝炎ブログ~

 

(大阪府在住K.Hさんより)

Q.夫が、B型肝がんが再発して、入院してしまいました。

他の弁護士さんから、お母さんが亡くなっている、ご主人も長男で、兄姉がいないのであれば、B型肝炎訴訟は諦めた方がいい、と言われました。

夫が苦しむ姿を見ると、何とかしたいと思いますが、どうでしょうか。

 

 

A.夫のお母さんの血液検査結果がないか、諦めずに探しましょう。

夫のお母さんは、いつ、どういう病気で、どの病院で亡くなっているでしょうか。

そこから始めます。

 

 

 

 

052-541-8111
北村法律事務所 弁護士 北村明美
(全国対応いたします。)

B型肝炎訴訟・B型肝炎給付金の相談料・着手金は無料です。
弁護士報酬は、実質2%になります。ただし、困難事案は、別途相談させて下さい。
実費は別途必要となります。

 

メニュー このページのトップへ