B型肝炎訴訟ブログ

ホーム >  B型肝炎訴訟ブログ > 31年前に受診していた病院の医療記録をとらなければなりません(岐阜県Eさん)

31年前に受診していた病院の医療記録をとらなければなりません(岐阜県Eさん)

~弁護士 北村明美のB型肝炎ブログ~

 

(岐阜県多治見市在住O.Eさんより)

Q.31年前に受診していた病院の医療記録(カルテ等)をとらなければいけません。

もうだいぶ前に廃院していると聞いているのですが、その病院は遠くて、確認しに行くのが大変です。

何か、よい方法はないでしょうか。

 

 

A.弁護士北村明美は、B型肝炎訴訟だけではなく、C型肝炎訴訟の代理人もやっています。

C型肝炎に関する情報から、その病院が廃院していることがわかる場合があります。

調べてみてわからなければ、現場へ行って調べてもらうしかありません。

 

052-541-8111
北村法律事務所 弁護士 北村明美
(全国対応いたします。)

B型肝炎訴訟・B型肝炎給付金の相談料・着手金は無料です。
弁護士報酬は、実質2%になります。ただし、困難事案は、別途相談させて下さい。
実費は別途必要となります。

 

 

メニュー このページのトップへ