B型肝炎訴訟ブログ

ホーム >  B型肝炎訴訟ブログ > 私も母も、従兄弟も従兄弟の母も、B型肝炎です。B型肝炎訴訟はできますか(熊本県Tさん)

私も母も、従兄弟も従兄弟の母も、B型肝炎です。B型肝炎訴訟はできますか(熊本県Tさん)

~弁護士 北村明美のB型肝炎ブログ~

 

(熊本県在住H.Tさんより)

Q.私は、B型肝炎の肝硬変であることがわかりました。

お盆に田舎へ帰ったところ、なんと従兄弟もB型肝炎でした。

弁護士北村明美さんに相談して、母親のHBs抗原とHBc抗体を調べたところ、HBs抗原(+)でした。

従兄弟の母も、HBs抗原(+)だったとのことです。

こういう場合でも、なんとかなりますか。

 

A.お祖母さんは、もう42年も前に亡くなっているんですね。

そんな昔だと、血液検査結果も残っていないと思います。

あなたのお母さんや、従兄弟のお母さんより年上の兄姉はいませんか。

兄が1人いるということなので、早急にそのお兄さんにHBs抗原とHBc抗体を調べてもらって下さい。

そのお兄さんが、セーフであれば、なんとかなると思います。

 

 

 

052-541-8111
北村法律事務所 弁護士 北村明美
(全国対応いたします。)

B型肝炎訴訟・B型肝炎給付金の相談料・着手金は無料です。
弁護士報酬は、実質2%になります。ただし、困難事案は、別途相談させて下さい。
実費は別途必要となります。

 

メニュー このページのトップへ